2013年11月11日

ヨーグルトとオリゴ糖

水で作る今注目のプロピオン酸菌配合ヨーグルト

よく乳酸菌飲料やヨーグルトと一緒にオリゴ糖という言葉を見かけますが、これは非常に効果的な組み合わせです。

そもそもオリゴ糖とはどんなものかと言うと、自然物を加工して取り出した人工甘味料です。

このオリゴ糖は砂糖に比べるとカロリーが半分以下で、体内に吸収されないので、大腸まで届き、そこでビフィズス菌の餌となりその数を増やすことができます。

ただ消化に悪いという事は、多量に摂取すると消化不良を起こす原因になるので量は抑える必要はあります。

このオリゴ糖とビフィズス菌を増やすプロピルを合わせて食べる事で頑固な便秘の解消やダイエットの助けになるでしょう。

腸内環境正常に
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by kuf4z5grm at 15:56| Comment(0) | ヨーグルトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。